SEOとは

Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの検索結果において、上位に表示されるように最適化させる施策の総称。

検索結果はランダムに表示されているわけではなく、Googleが「ユーザーにとって価値のあるサイト」、つまりユーザーが求めている情報が掲載されていると判断されたサイトが優先して表示される仕組みになっている。

よって、企業のWebマーケティング担当者は適切なSEOを行い、まずはユーザーにWebサイトを見つけてもらえるようにしなければならない。

「SEO」と「SEO対策」の違い

「SEO」が「検索エンジン最適化」であるため、「SEO対策」は「検索エンジン最適化対策」という「?」な表現になってしまう。
このブログでは、世間一般で言われている「SEO対策」は全て「SEO」に統一している。

検索エンジンとは

一昔前は、手作業で情報を収集して人力で分類を行う「ディレクトリ型検索エンジン」が主流だったが、人力でWebページの情報を収集してカテゴリ分けするため登録できるWebページ数に限界があるというデメリットがあった。

インターネット上のページ数の増加によって「ディレクトリ型検索エンジン」での対応が難しくなり、
それに代わって登場したのが「ロボット型検索エンジン」である。

関連記事:検索エンジンとは

SEOのメリットとデメリット

メリット

集客力
  • 検索行動からの集客となるため、コンバージョン率が高いユーザーの流入が得られる
費用対効果
  • 広告とは異なりランニングコストがかからない
  • 中長期的に安定した集客が見込める

  • 資産になる
ブランディング
  • 上位表示されることで露出度が上がる

デメリット

即時性
  • 効果が現れるまでに時間が掛かる、即効性に欠ける

  • 緻密に行うにはコンテンツ作成などの人的、時間的コストがかかる
不確実性
  • キーワードによっては上位表示の難易度が非常に高い場合がある
  • 検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更により順位が左右される場合がある

SEOの歴史

SEOの過去

ユーザーのクエリ(キーワード)と一致した単語を含む結果を返せたが、それ以上はできなかった。

よって、キーワードスタッフィング(同じキーワードを繰り返したり、
テキストに関係のないキーワードを詰め込んだりすること)を行うことで、上位表示が可能だった。

また、外部リンクの多さがページの権威性に直結したため、質の低いリンクを大量に購入したり、
自作自演で被リンクを増やすことなどでも上位表示が可能だった。

検索エンジンのランキングを上げることだけを目的として、
大量の低品質コンテンツ(自動生成や無断複製)を頻繁に更新するサイトが多数存在していた。

SEOの現在

パンダアップデート(2011年)やペンギンアップデート(2012年)を経て、
低品質なコンテンツが検索順位から締め出されるようになる。

2015年にはモバイル重視の検索アルゴリズムを実装し、現在に至る。

SEOの未来

E-A-T(Expertise:専門性、Authoritativeness :権威性、TrustWorthiness:信頼性)が順位決定の中心的要素となる。

画像検索や音声検索が急増し、動画コンテンツが普及する。

ユーザーの検索意図との一致率が検索順位に大きな影響を与えるようになる。

広告はもとより、自然検索でのクリック率が低下する。

関連記事:SEOの歴史と未来の考察

EAT

Googleの検索品質評価ガイドラインでは「E-A-T」の重要性が述べられている。

関連記事:BtoB企業がE-A-Tなコンテンツを作成するコツ

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)

2020年5月28日、Googleが正式にCore Web Vitals(コア・ウェブ・バイタル)を検索エンジンの検索結果に反映させると発表した。

関連記事:コアウェブバイタルとは

SEOと検索連動型広告の違い

総じて、SEOは中長期的施策、検索連動型広告は短期的施策として分類が可能。

クリック率 基本的に検索結果の表示順位が高ければ高いほどクリック率は高くなるが、ユーザーが広告を避ける傾向にあるため、検索連動型広告よりもSEOによる高い表示順位の自然検索結果の方がクリック率が高い。
費用 検索連動型広告は費用がかかるが、SEOは基本的には無料。
一方で、Webサイトのコンテンツ作成等に費用がかかる場合もあり、Webサイトの状況によってかかる費用はまちまち。
コントロール性 検索連動型広告は、投入する費用とその結果(検索順位)を変更しやすく、予算と広告効果のバランスを調整することが可能であるが、SEOは検索エンジンのアルゴリズムによって表示順位が決定されるため、Webサイト運営者は表示順位をコントロールすることができない。
即時性 検索連動型広告は課金額を日単位で変更することができ、非常に即時性が高い施策といえるが、SEOはページの追加や更新をしても、検索エンジンがそれを認知するまで数日タイムラグがあるため、すぐに表示順位に反映されない。

SEOの基礎知識

SEOを行う上で最重要となるポイントは、「良質なコンテンツを作成しユーザーに対して価値のある情報を提供し」「検索エンジンに正しく内容を伝える」ということ。

SEOの施策は内部対策と外部対策に分かれる。

関連記事:SEOの基礎【内部対策】

関連記事:SEOの基礎【外部対策(コンテンツSEO)】